アメフトゲームの進み方

コイントス
優先権を得られなかったチームは自陣のサイドを選ぶことができる。



キックオフリターン
他の10人はリターナーへのタックルを防ぎ、進路を確保するために共に走る。時にはリターン・タッチダウンもある。

キックオフリターン
コイントス

ゲームは、まず審判の投げるコイントス(表裏の選択)で始まる。
キックオフ
キックを選択したチームは自陣35ヤード地点からキックオフ。キッカーがボールを蹴ると同時にキッキングチームは相手チームのリターナーによるボールリターンを阻止するために一斉にスタート。
キックオフリターン
ボールをキャッチした選手は相手陣に向かってラン。相手選手のタックルで倒されるか、サイドラインを割るまで自陣を挽回できる。そこから次の攻撃が開始される。


コイントスで優先権を得たチームがキックを蹴るかリターンをするか選択できる。

キックオフ
ボールを蹴るのはキックのスペシャリスト。キッキングチームも相手チームのリターナーを倒すために組まれたスペシャルチームだ。


ハドル
ハドル=作戦会議
ワンプレーごとに作戦の指示と確認。
ランプレー
確実性が高く攻撃の中心
クォーターバックがランニングバックにハンドオフかピッチでボールを渡し、走らせる。自身がそのまま走る場合もある。
パスプレー
一気にロングゲイン
ただし前方へ投げられるのは1回だけでスクリメージラインを越えた地点からは投げられない。

ブロック
相手ディフェンスを封じる
QBを守ることで攻撃を成功させるのがブロックの重要な役割。

ファーストダウン
レフェリーの笛の合図でボールをセンターがセット。QBの「ハットウ・ハットウ・・・」の合図と共にスナップ。QBは作戦に従ってボールを展開する。パスかランか?オフェンスチームの作戦は?ディフェンスチームとの激突の瞬間だ。 ボールを持った選手がディフェンス選手によって倒されたり、ボールがサイドラインから外へ出たらボールデッドとなりダウンが終了。

ファーストダウンでボールデッドとなった地点からプレー開始。パスプレーは成功すると大きくゲインできるが失敗やインターセプトの危険もともなう。一方ランプレーはボールを持って走るためディフェンス選手にボールを奪われる確立が低いので確実性が高い。時にはロングゲインもある。
サードダウン
オフェンスチームはサードダウンまでになんとしても10ヤード前進させてファーストダウンを獲得したい。一方のディフェンスチームは、ここで前進を止めれば相手チームをパントに追い込むこともできる。攻撃権を奪回できるチャンスだ。


タックル

攻撃陣の前進を止める
手や腕を使って相手プレーヤーを掴んだり抱え込んだりする。
インターセプト 攻撃権を奪い取る
相手クォーターバックの投げたボールを守備側選手がキャッチする。
ファンブル
激しいタックルで
ボールをはじき出す

落としたボールをディフェンス側選手がキープした時は攻撃権が移動。
QBサック
攻撃のスタート位置を
大きく後退させる

QBがまだボールを持って
いるうちにタックルで倒す。

フォースダウン

日本全国地域別の

アメフトマップ


学生・社会人から
プライベートのリーグまで、
僕らの町の
アメフトチームは?


●IFAF U-19世界選手権:

16~19歳の世界各国代表チームによるトーナメント方式の大会で2年ごとに開催される。
出場は次の地域から8カ国(アメリカ合衆国、アメリカ大陸2カ国、ヨーロッパ大陸代表3カ国、日本、 オセアニア)
2012年は第2回大会でアメリカ合衆国、テキサス州オースティンで6月30日(土)~7月7日(土)開催。出場国はアメリカ合衆国・カナダ・パナマ・フランス・スウェーデン・オーストリア・日本・アメリカンサモア。日本は決勝進出はカナダに阻まれたが、3位決定戦でオーストリアを制し銅メタル。全体順位①カナダ②アメリカ③日本。


●ニュー・エラ・ボウル
NEW ERA BOWL:

関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学から選抜招待された選手・コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームで毎年6-7月に開催される。関西学生アメリカンフットボール連盟の主催。2012年は7月8日キンチョウスタジアム(長居球技場)で行われた。