計時のルール


プレーの行われる時間

まず下の図をご覧下さい。社会人Xリーグ、大学学生リーグを含めたほとんどのゲームで行われている試合時間を表したものです。

ゲーム全体を4分割し、第1クォーターのあとにプレーはそのままでサイドチェンジ第2クォーターに移る。第2クォーターのあとがハーフタイムで10分~15分とり後半のスタートの第3クォーターは再度キックオフで始まる。そして第4クォーターに移る時は前半と同様サイドチェンジをする。1クォーターごとのゲーム時間は12分でトータル試合時間は48分である。
因みに高校リーグでは1クォーター10分、トータル試合時間40分でゲームが組まれている。しかし、甲子園ボウル、ジャパンボウル、ライスボウルなど選手権試合では1クォーター15分となり試合時間は60分である。最終的にはこれが正規の基準といえる。米国NFLや国際試合などはもちろんこの試合時間で行われる。


ゲームの計時

アメリカンフットボールのルールの大きな特徴のひとつにゲーム中に時計が止まったり進んだりしているというのがある。その他に各クォーター間のサイドチェンジ、ハーフタイムの時間がプラスされるので全体の所要時間はゲームの内容によるものの2時間から3時間におよぶこともしばしばである。
それではどのようなときに時計は止まるのか、ゲームの計時はどのように実行されるのか。ゲーム開始でのキックオフ。そのボールをリターナーがキャッチして走りだすところから計時がはじまるが右のようなプレーが行われた時、レフェリーは計時をストップすることになる。
このあとレフェリーのレディー・フォー・プレーの合図がかかるまでゲームの時計は進まない。従ってアメフトの試合時間「48分」というのは選手もボールもはげしく動き激闘がおこなわれている。そうしたゲームのエッセンスがぎっしり詰まった「48分」なのである。実際に試合時間を短めに設定して行われることの理由は、プレーヤーの体力、運営上の都合などであるが、アメリカンフットボールがそれだけハードなゲームであるということであろう。


ゲーム時間のコントロール

一般的には成功率の高いランプレーや短いパスを多用する攻撃で獲得ヤードを積んで行ければ2ndダウン・3rdダウンと時間は進み次のファーストダウン獲得まで計時の止まることはない。残り時間を減らしながらボールを進めていくことができるし、ゲーム展開でリードしていればそれをキープして早くゲームを終わらせることができる。逆のケースではQBがサイドライン寄りにパスを通す。ボールをキャッチしたレシーバーはタックルをかわすプレーでサイドラインを割って計時を止めることもできる。またパスならば失敗でも計時は止まる。残り時間の少ない中、ビハインドゲームをひっくりかえして逆転を狙うには好都合である。オフェンス側もディフェンス側もそれぞれ相手の戦法を知りながら対応するわけで、そこからもうひとつの熱いかけひきと闘いが生まれてくる。またタイムアウトをどう使うかが重要で終盤でタイムアウト権を多く残していればそれだけ有利である。 アメリカンフットボールが時間の戦いと言われるのはこのような理由による。

時計が止まるプレー
  1. ファーストダウンを獲得した時
  2. 得点した時(TD、フィールドゴールなど)
  3. パスプレーで失敗した時(パスインコンプリート)
  4. ファンブルしたボールがサイドラインを割った時(アウト・オブ・バウンズ) また、ボールを持った選手がサイドラインを割った時。
  5. 攻守が交替する時(パスインターセプト、ファンブルリカバリー)
  6. チームがタイムアウトをとった時(両チーム前・後半各3回)
  7. 反則、ケガなどでレフェリーがタイムアウトをとった時
  8. フリーキック(キックオフ)のプレーが終わった時
  9. ツーミニッツ・ウォーニングの時。=第2、第4クオーターの試合時間が残り2分になると、自動的に試合が止められる。ただし、プレー中の場合にはそのプレーが終わった時点から適用される。

反則のルール


反則とペナルティ

審判員は、ゲーム中攻撃側守備側いづれかでも反則があったと認めた場合ただちにイエローフラッグ(錘のついた黄色い布)をフィールド上反則のあった方向に投げる。そして審判団が協議して反則が確認されれば、反則側チームはその反則の種類により5ヤード、10ヤード、15ヤード後退のペナルティを科せられる。(罰退)その結果攻撃側の反則であればスクリメージラインを後退させ、守備側の反則であれば攻撃側に有利なようにスクリメージラインを前進させたうえで、そのダウンのプレーをやりなおす。
ここで守備側の反則では攻撃側にファーストダウンを与える結果になることが多くその場合オートマティックファーストダウンが適用される。
反則を受けた側は相手チームの罰退を得るよりもそのままプレーを続行した方が有利と判断した場合はそれを無視する(ディクライン)ことを要求できる。この時はそのダウンはそのまま続行される。
またエンドゾーン近くでの守備側の反則ではハーフディスタンスのルールがある。これは反則地点からエンドゾーンまでの距離の半分のヤード数と罰退ヤード数を較べて短い方が採用されるというものでゴール近くでの攻防を激しいものにしている。
反則の主なものは右欄のようなものだがその他にも多くのルールがある。

主な反則の種類
オフサイド 【5ヤード罰退】
ボールがスナップされる前に守備側の選手がニュートラルゾーンに進入し、そのままプレーが開始された。
フォルススタート 【5ヤード罰退】
ボールがスナップされる前に攻撃側の選手がニュートラルゾーンに進入してしまった。
ディレイ・オブ・ゲーム 【5ヤード罰退】
レディー・フォー・プレーの合図後、25秒以内にプレーを開始しなかった
フェイスマスク 【5~15ヤード罰退】
プレー中に相手選手のフェイスマスクを掴んだり、触れたりして動きを妨害した。
ホールディング 【10ヤード罰退】
ブロックにいく時などに相手の選手を掴む反則。攻撃側、守備側選手ともに同様。
インターフェアランス 【15ヤード罰退】
攻撃、守備にかかわらず、パスやキックされたボールを受けようとしている選手を妨害した。
クリッピング 【15ヤード罰退】
ボール持った以外の攻撃側の選手をブロックする時に、背後の膝から下をブロックした。
ラフィング・ザ・パサー 【15ヤード罰退】
明らかにパスを投げ終えたと筈のパサーに対してタックルした。

日本全国地域別の

アメフトマップ


学生・社会人から
プライベートのリーグまで、
僕らの町の
アメフトチームは?


●IFAF U-19世界選手権:

16~19歳の世界各国代表チームによるトーナメント方式の大会で2年ごとに開催される。
出場は次の地域から8カ国(アメリカ合衆国、アメリカ大陸2カ国、ヨーロッパ大陸代表3カ国、日本、 オセアニア)
2012年は第2回大会でアメリカ合衆国、テキサス州オースティンで6月30日(土)~7月7日(土)開催。出場国はアメリカ合衆国・カナダ・パナマ・フランス・スウェーデン・オーストリア・日本・アメリカンサモア。日本は決勝進出はカナダに阻まれたが、3位決定戦でオーストリアを制し銅メタル。全体順位①カナダ②アメリカ③日本。


●ニュー・エラ・ボウル
NEW ERA BOWL:

関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学から選抜招待された選手・コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームで毎年6-7月に開催される。関西学生アメリカンフットボール連盟の主催。2012年は7月8日キンチョウスタジアム(長居球技場)で行われた。